オリーブワールドへようこそ!

オリーブに関わって20 年。日本人目線で日本人のためのオリーブについてお伝えします

油脂の「おいしい」を探る

世界の油脂の歴史を調べてみました。それによると人類の食べる歴史は狩猟から始まります。油脂の起源として、その脂身を食していたのが最初だそうです。 脂は燃えると炎が出ることを知り、それが明かり用にも使われ、明かりのための脂の代用として植物 記事を読む

食べるものの由来に意識を

昨年は長雨、今年は干ばつに見舞われているイタリアや西ヨーロッパです。農作物のつくり手にはかなり厳しい年が二年も続いています。アサクラアイテムのオリーブもトマトソースのミニトマトもジャムの原料のフルーツも、影響を受けているのが実情です。  記事を読む

トマトの新しい美味しさ

先月はズッキーニの魅力について書きましたが、今月はトマトについてのお話です。トマトも、もしかしたらズッキーニと同じぐらい、その良さが伝わってない野菜なのではないか、と思います。 まず、「トマトはどうやって召し上がっていますか?」の問いに、「 記事を読む

野菜をシンプルにおいしく食べる

  季節が移り替わり、気温もかなり高くなってきました。それとともに、店先で目にする野菜も色とりどりで目に鮮やかですね。 さて、「ズッキーニ」という野菜がありますよね。どなたも、一度は食べたことがあると思います。瓜のよう 記事を読む

時代とともに変化してきたもの

この原稿はイタリアで書いています。年に数回、現地に赴き生産者と直接やり取りをしているのです。自家製オリーブオイルの生産にあたり、取扱アイテムの生産状況を把握し、問題改善点を交渉するためです。ここ数年は天候の変動が激しく、思うように農産物がで 記事を読む

オリーブオイルはおいしい

オリーブオイルと日本人 日本人の私にとって無に等しい経験値であった新しい食材、オリーブオイル。「その素晴らしさを他の日本人に伝えたい」を胸に、2000年にオリーブオイル・オルチョサンニータの輸入を開始しました。 しかし、その熱い想いとは 記事を読む

オリーブの起源

オリーブは果実です。しかし、生を食べたことのある人はあまりいないと思います。八百屋でオリーブの実を売っているのをイタリアでも見たことはありません。生そのものを食べるものではないということが理由の一つでしょう。完熟していても口に含み噛み砕くと 記事を読む

はじまり

オリーブの木を初めて見たのは、南イタリアに向かう電車の中。車窓を眺めていると視野に広大な果樹らしき畑が広がっており、よく見ると枝にびっしり実がついています。緑色のまるまるした実は、オリーブでした。オリーブの実がしたたる枝が、窓にくっつきそう 記事を読む