累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護家族と向き合ういろんなお話

一般社団法人
日本マクロヘルス協会
理事

望月 索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな
暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本
マクロヘルス協会理事。編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『親子で楽しむ!
おむつなし育児』、『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』。
http://macro-health.org

道を通る人、窓を開ける人

投稿日:

不思議な2項

私の年代ですと介護の悩みを聞く機会も多いのですが、そんなときに、まだ赤ちゃんの雰囲気も残す、小さな子どもに日常的に触れられるのは幸せだなぁと思います。

忙しくて自分の気が上がっているときほど、小さい子を抱きしめるとシューっと何かがおさまります。物理的に癒されるとしかいいようがありません。赤ちゃんや小さな子どもには、その時期にしかない命のエネルギーが確かにあると思います。胎児のときのエネルギーも直接さわれなくても凄まじいものです。人がそれに惹かれるのは当然のことで、「誕生」について人に教えるための民間資格もあるようです。

機会があり、小学4年生向けのそういった講座を拝見しました。コアとなるイメージ映像に見覚えが……と思って見ていたら、私が出産した助産院でのアクティブバースの光景でした。また、分娩の説明になるようなイラストは、分娩台にのらず、アクティブバースにありがちな姿勢を取っています。

なにより、講義の大半の内容が、私が出産した助産院の両親学級で聞く院長先生の話とそっくりでした。モデルの一つなのかもしれませんね。

だから、一番理想としているところはその助産院でおこなわれているようなお産なのだろうと予想しますが、助産院での出産率は、2011年の政府統計で0.9%。この少数派を、大手を振ってマーケティングにのせるのは難しいのか、その講座で説明される誕生とは、「医療介入のあるお産」「医療介入のないアクティブバース」という2分割でも、「医療介入のある経膣分娩(多数派)」と、「帝王切開(4割弱)」という二大メジャーでもなく、圧倒的少数のアクティブバースと、二番手の帝王切開、という不思議な構図になっていました。

 

上下はなくても左右はある

その分け方は経膣かどうかの観点から語られます。膣を通って生まれる赤ちゃんと、お腹に窓を開けて生まれる赤ちゃん。それはそれで特に病院においてはメジャーな区分けです。「お腹に窓を開ける」場合は、赤ちゃんがお医者さんを通して教えてくれる、というような内容で、経膣であるかどうかに優劣のないニュアンスで伝えられています。もちろん生まれ方の問題ではないので、そこは紛れもなく等価です。

ただ、産む側に注目すると2014年の政府統計にみる「一般病院における帝王切開娩出術の割合」は24.8%でここ30年で2.5倍、「一般診療所における帝王切開娩出術の割合」は13.6%でここ30年で2倍になっています。合わせると全分娩の38.4%がお腹に窓を開けて生まれています。その医療介入がその家族にとって一番の「自然」であるケースは必ずありますが、4割にも及ぼうとする全ての帝王切開が本当に、その処置が必要だった事例なのでしょうか。

もし必要なのだとしたら、なぜそれだけの人が帝王切開なのか、問いかける必要があると思います。たとえばペットだったら、品種改良の結果、帝王切開でしか出産できない犬、といった品種が実際いるそうで、私たちは、いつの間にか品種改良されちゃったのかしら……?

「分娩台にのった経膣分娩」と、「手術台にのった帝王切開」の医療介入のある二種が、現在の誕生での主流な選択肢です。他に医療介入のない自然なお産があり、そんなお産のほうが楽で楽しいかも?ということは、子どもにも伝えたいですよね。

人気のリネン混ダブルガーゼを使用したアフガン

誕生後のいのちを優しく包みます。洗うほどにふわふわの肌触りになるアイテムです。

リネンコットンWガーゼアフガンを見てみる>>

道を通る人、窓を開ける人

- 楽だから自然なお産~高齢出産編~ - 2018年5月発刊vol.128

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ