累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護家族と向き合ういろんなお話

一般社団法人
日本マクロヘルス協会
理事

望月 索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。
編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『親子で楽しむ!おむつなし育児』、『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』。
http://macro-health.org

パッカリ開いた骨盤を癒す

必死で腰を縛ったところで 空っぽのお腹で空陣痛を経験したあとも「産後」は続きます。 陣痛促進剤の副作用で産後うつ状態になったことはわきにおいても、大病院でのお産の「産後の肥立ち」は、実感として、かなり …

ほんとうのお誕生日

産後の楽な過ごし方  産後母子の宿泊施設が増え、サポートする人たちに授ける認定資格も複数できています。おお、産褥期が商売になっている! 高額になるきらいがあるのは少々残念ですが、産後母の選択肢が増える …

作られた産後うつ

産後は養生するために  自分の不安定な精神状態は、陣痛促進剤の副作用にちがいない……と気づくことができたのは、産後2週間以上たってからのことでした。  出産直後から、ことあるごとにボロボロ泣いてばかり …

フォアグラ農場を超えて

哺乳量を把握するケース  授乳を完全に管理される入院生活。何度も疑問を投げかけつつも、大病院の看護師による「新生児は自律哺乳できない」という主張を、私は無視することができませんでした。陣痛促進されて早 …

母も子も、一緒にいたい

できるだけ母子は一緒に NICU付きの大病院にありがちなことに、産後母子の入院スペースには、きょうだいだろうと子どもは入れません。赤ちゃんに移りやすいウイルス等を持ち込まないようにと、配慮されているそ …

母乳だけど、おっぱいじゃない

”未熟”じゃないけど。 出生体重が2500グラムより軽い子どもは、かつては「未熟児」と呼ばれました。 でも、体重が軽いだけで機能的には熟した子もいれば、体重は充分でも身体の機能が育ちきっていない子もい …

うるさくて青い部屋

アラーム音と電気の子守唄 かつて病理や解剖学を扱う大学の博物館で、異形の胎児のホルマリン漬けを見たことがあります。 自分に引き寄せて考えられるほど想像力のなかった若い頃の私は、妖怪にはちゃんとモチーフ …

【Vol.105】真のリスクはどこにあるのか

「病院の規則ですから」 生まれ出た赤ちゃんは、母の胎内でためた老廃物を排泄・デトックスし、 一旦体重を減らしたあとで、経口で栄養をとり、どんどん太っていきます。 低体重ですが健康なうちの子は、立派に胎 …

【Vol.104】自然な排泄と食欲を尊重する

初乳を増やすために 大病院のベテラン看護師さんは、「新生児は自律哺乳できない」と断言しました。 つまり赤ちゃんの好きなように飲ませると、 どんどん痩せていき、どんどん弱っていくということ。 それまで馴 …

【Vol.103】おっぱいの量は誰が決める?

子どもは全員とても大切ですが、 生まれたての子は母として、何をおいても守りたい存在です。 まさに「私の大切な人」。 かわいいわが子を守るため、病院との戦いが始まりました。   母乳派VS 粉 …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ