累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

自由教育ありのまま

「日本でいちばん楽しい学校」で新任教師がみた子どもたち

学校法人きのくに子どもの村学園かつやま子どもの村小中学校教員

中川 愛 (なかがわ あい)

かつやま子どもの村小中学校、きのくに国際高等専修学校を経て、立命館大学文学部卒業。高校生時代に東ティモールという国と出会い、残酷な歴史を背負いながらも、笑顔が絶えない東ティモールが大好きになる。「東ティモールのことを少しでも多くの人に伝える」ことを目標に、2019年度4月から、母校であるかつやま子どもの村で教員として働いている。父は、プレマ株式会社代表取締役の中川信男。

子どもたちの願い

七月の七日。この日は小学1~3年生の「ことば」の授業で七夕の物語を扱った。物語の映像を見たあとに、みんなで短冊をつくり、それぞれ好きな願いごとを書いた。私が思いつく低学年の七夕の願いごとといえば、昔、 …

感染症対策と子どもたち

ルールの必要性を知る 新型コロナウイルスの影響で長く続いた休校期間も終わり、子どもたちが学校に来るようになった。しばらく見ないあいだに背が伸びたり、大人っぽくなっていたりする在校生と、とても元気な新入 …

私がここにいる理由

落ちこぼれの「忘れ物クイーン」 私は宿題ができなかった。勉強が嫌いで、家に帰ってまで勉強をしなければいけない理由がわからなかった。音読の宿題は保護者のサイン欄に父の字をマネして自分で書いた。長期休み中 …

休校が続くなかで

2020年3月20日、私が働いているかつやま子どもの村小中学校で「卒業を祝う会」がおこなわれた。小学生と中学生が同じ校舎で学校生活を送っているため、普段は小学校6年生と中学3年生を同時に祝う行事だが、 …

トラブルと向き合うこと

2020年3月20日、私が働いているかつやま子どもの村小中学校で「卒業を祝う会」がおこなわれた。小学生と中学生が同じ校舎で学校生活を送っているため、普段は小学校6年生と中学3年生を同時に祝う行事だが、 …

たのしくなければ、学校じゃない

チャイムがない。宿題がない。テストがない。だけど、おやつがある。「たのしくなければ、学校じゃない」、そんな学校で私は育ち、大学を卒業した今、教員として母校に戻ってきた。 「学校法人きのくに子どもの村学 …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ