累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

自由教育ありのまま

「日本でいちばん楽しい学校」で新任教師がみた子どもたち

学校法人きのくに子どもの村学園かつやま子どもの村小中学校教員

中川 愛 (なかがわ あい)

かつやま子どもの村小中学校、きのくに国際高等専修学校を経て、立命館大学文学部卒業。高校生時代に東ティモールという国と出会い、残酷な歴史を背負いながらも、笑顔が絶えない東ティモールが大好きになる。「東ティモールのことを少しでも多くの人に伝える」ことを目標に、2019年度4月から、母校であるかつやま子どもの村で教員として働いている。父は、プレマ株式会社代表取締役の中川信男。

学校が大好きな子どもたち

この原稿を書いている7月の終わりに、私が働いているかつやま子どもの村小中学校では夏休みが始まった。今学期最後の授業で、「明日からの夏休み、楽しみだね!」と声をかけると、「夏休みやだー!」、「学校の方が …

「大人になった私とミーティング

私の働いているきのくに子どもの村小中学校では、ミーティングの時間がとても大切にされている。週に1度、子どもと大人全員が集まっておこなわれる全校ミーティングだけではない。運動会や卒業を祝う会、パーティー …

ミーティングと私

私の働いているきのくに子どもの村学園は、和歌山県からはじまった寮のある私立学校で、「自己決定」「個性化」「体験学習」の3つの原則をもとにカリキュラムが組まれている。3つの原則が重なり合う「プロジェクト …

新年度の見慣れた光景

この原稿を書いているのは4月末で、私の勤めるかつやま子どもの村小中学校も、新年度が始まって約1か月が経った。今年も元気な新1年生が入学してきてくれた。毎年、新入生が入ってきてしばらくの間は、小さい子た …

子どもの村の教育

私の勤務するかつやま子どもの村小・中学校では、毎週木曜日が見学日になっている。ある日、小学校の校長である〝ごんちゃん〟から「あいちゃんの読者が来られてるで」と声をかけられた。一瞬なんの話かわからなかっ …

子どもの目が輝く経験

最近は画面のなかの世界に夢中になる子どもたちが多い。YouTube、TikTokなどのSNS、オンラインゲームやテレビアニメーションの画面のなかには、魅力的なコンテンツが数多く存在する。しかし、子ども …

自由な学校のすてきな子どもたち

本誌に連載を始めて1年が経った。それと同時に私の教員生活も3年目を迎えようとしている。かつやま子どもの村小中学校の「大人」としても、社会人としても未熟な自分が、月に一度、母校について文章を書くというの …

「する勉強」と「させる勉強」

以前にも書いたが、私は学校の宿題が大嫌いだった。塾や英会話教室に通っていたせいもあって、放課後や休みの日にさらに学校の勉強をするなんて考えられなかった。そんな私でも「かつやま子どもの村小・中学校」に入 …

肌から伝わるメッセージ

11月6日は、私の24歳の誕生日だった。いつもどおりに教室に入ると、バタバタしていた子どもたちが一斉に椅子に座って「ハッピ~バ~スデ~ トゥ~ユ~」と歌い始めた。ホワイトボードを見ると、「HAPPY …

失敗を積み重ねる

子どもたちの生活のなかには、数え切れないほどの失敗がある。そして数え切れないほどの学びと喜びがある。さまざまな経験をし、失敗をしてきた大人の私たちは、その経験をもとにたくさんアドバイスをしたくなる。し …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ